フローラルハミング

木のぬくもり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やるやる詐欺 するする詐欺

こういう連中は2回言って改善されないなら相手しない方が◎


人間関係舐めてるんだよこういうやつらは
そういう無責任さで怖い目見たこと無いからそうなるんだと思う
  1. 2014/06/01(日) 22:47:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラマとかテレビとか

あんなモンねぇなと思うよつくづくw

現実はとんでもないね


  1. 2014/05/26(月) 23:08:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年 4月3日(木)の小さな小さな誕生日

その日は前日から嫁が実家で前駆陣痛を起こしていて心配な日だった。

オレは普段通り仕事に行き会社に戻ってる最中に嫁から連絡がきた
『もう我慢できない痛み』

嫁の母ちゃんに連絡したところ『もう出た方がいいかも』の言葉
オレは即座にその言葉を察して
職場に着き事情を話し全力で帰宅。

軽く風呂に入り嫁の母ちゃんの送ってくれたおいなりさんを食べ
嫁の実家に向かう。

とにかく渋滞が無い事を願いながらアクセルはベタ踏み。
案の定外環は少しの渋滞があったが流れてくれた。

そのまま埼玉を越え、群馬を通り過ぎる。
慣れてきた道のはずが遠く感じる。それだけ焦っていた。
とにかく前しか見ずアクセルだけ踏み込んでいた。

あと少しで、降りるインターまで50kmの所でふとバックミラーを見ると回転灯が回っている
覆面だった。
とにかく事をすぐに終えたい為、オレはすぐさま4灯を焚き左に寄せるがおまわりはそのまま通りすぎ
目の前をトロトロ走り始める。

パッシングしても止まらずオレは必死だった為に隣に付け止まれ止まれと怒鳴り散らした。
スピーカーから『着いてきなさいそのまま』と聞こえる。

そのままトロトロと最寄の高速出口まで誘導され駐車スペースに停車する。

おまわりがパトカーから出てきた瞬間、オレは気がついたら一人のおまわりの襟首をつかんで持ち上げていた。

『やめなさい公務執行妨害になるよ!』との言葉は聞こえていたが状況をわかっていないこいつらが憎くて憎くて仕方なかった。

『運転手さん、とにかく落ち着いて!どうしたの!なんであんな飛ばしてたの!』と

オレは子供が産まれそうだとの一言しか言えず怒鳴り散らしていた。
それだけ必死だった。

おまわりは状況を察したらしく
『わかった、わかったよ!でもね飛ばしすぎだからサイレンまわしたんだよこっちだって立場がある貴方だけほっておくわけにはいかない』と

しかし事情を察したおまわりがこう言ってきた
『あのね、おまわりさんたちね、運転手さんが早すぎてスピード計れてないんだわ』
『だから今回は厳重注意で気をつけて向かうように!飛ばしちゃだめだよ!』と
『ここできっぷ切ったらあなたに罰金が課せられる。証拠がないのにそんなことはできない』と
『焦る気持ちはわかるけど深呼吸3回してから出発しよう』

この言葉を聞いた時オレは本当に頭をふかぶかと下げ謝り続けた。
Uターンのポールをどけてくれ、安全確認までしてくれたこの二人の交通機動隊
昔から警察だけは目の敵にしていた存在
悪さしてたガキの頃も本当に嫌いだった存在

その存在が今こうして何も見てない、早く行ってやれと言ってくれている
オレはこの二人の警察を一生忘れない



とにかくオレが事故でもやってしまったら元も子もない
それだけ意識し落ち着いて長野市を目指した。

嫁の母ちゃんから連絡があり、分娩室に運ばれたとの連絡を受ける
それから数分で当初に教えてもらった産婦人の病院に行くがオレが一緒に診察に行った病院とは違った。
深夜なのでこっちなのかなと車を止めダッシュで玄関に行くが開いていない。
母ちゃんに電話をすると名前は一緒の産婦人科で親のやってる病院らしくやはり当初一緒に行った方にいるようだった。

オレの頭はパニックになりながらも頑張っている嫁の姿を想像し落ち着いて住所を調べナビにセットし再びアクセルを踏む。

とにかく急いだ。
到着は、ほぼ22時玄関のインターホンを鳴らしあけてもらいダッシュで階段をかけあがる
分娩室には苦しむ嫁とそれを囲むように医師、助産婦、母ちゃんがいた

オレは途中で買ったハンカチを嫁の顔に当てながらとにかく手を握り頭を抱きしめた。
陣痛で辛そうにしている嫁にオレはそういうことしかできなかった

頑張れ、もう少し
落ち着いて息吐いて

その言葉を必死でオレは繰り返した

しばらくすると一度分娩室から出るように指示される
出産はご主人は立ち会いますか?と聞かれ即答した

10数分すると分娩室に案内される
いよいよ出産の時間

なかなか赤ちゃんは出てこない
呼吸が困難になっているようで産道でなかなか出てこれないようである
医師の話によるとへその緒が首に2重に巻かれていて呼吸が難しくなっているようで強行手段として
医師がひっぱり出す出産方法にするようだ
嫁も頑張っている、それをオレはただひたすら抱きしめて励ます、もうそれしかできないほど頭は真っ白だった。


頭の中でもし神様がいるのであればと何度も何度も繰り返した
と、その時助産婦さんが持ち上げて嫁の前に突き出した




その姿を見た瞬間と同時に産声が聞こえてきた








22時50分

即座に台に乗せられマッサージを受けている小さな小さな姿
嫁は朦朧としてぐったりしている中オレは嫁にほら産まれたぞ!といい続ける



オレはゆっくりと近寄り台に近づいた
そこには確かに小さな小さな生命があった



強制的に引っ張りだされ顔は赤くすれていたけどまぎれもなく生きている

オレはその姿を見て自然を溢れる涙を抑えることはできなかった
別に涙もろい訳ではない

ただ自然とこの小さな我が子を見て初めて人前で涙した

悲しくて溢れてきてるのではない、嫁の苦しむ姿、頑張った姿を見た結果が今ここにこうして映っている
呼吸をして一生懸命生きている小さな姿に感動して涙が溢れたのである。
20140403-1.jpg


助産婦さんが目薬を注し目が小さく開く


小さいけどオレの手を産まれて間もない小さな命がしっかりと握ってくれている


顔の赤くすれた部分は時間が経てば綺麗になると医師は教えてくれた。


嫁はしばらくぐったりしていて出血も酷かった為分娩室で安静にしていた。

深夜だったがずっと付き添い休ませていた。

その嫁のすぐ頭の上には子供が寝ている。



オレはとにかく今は休みなさいと伝えて付き添った。

面会時間はとっくに過ぎていたが嫁もオレをいさせてくれと看護婦に伝えてくれたらしく付き添えた


深夜3時くらいに少し意識を取り戻し水分もとれるようになってきたが
貧血気味でなかなか分娩ベッドから立ち上がれなかったが車椅子を用意してもらい部屋へと向かう


本来ならすぐに授乳をするらしいのだが看護婦も状況を見て今日はミルクをと子供を預かってくれた。

部屋で二人でぐっすり寝てしまったがオレは嫁の母ちゃんに早朝迎えに来てもらい嫁の家で睡眠
3時間ほど寝てすぐに病院にまた向かった


嫁はちゃんと子供を見ていないので一緒に部屋に戻ってきた時はしばらく嬉しそうにながめていた。
オレもとにかく嬉しいという感情と感動が抑えきれずまた涙が溢れてきていた。








一生懸命生きている
20140405-1.jpg



今日まで毎日嫁の実家と病院を朝起きては夜までいるを繰り返し二人の様子を伺っていた



とにかく嫁には感謝しきれないほどの感謝と
今までのオレの人生を振り返り、人生で初めてなんとなく子供ができない時期が続いた為
不妊の治療の為に病院に行きまさかのオレ自身が難しいと診断され
嫁に八つ当たりした時期もあった。

もういい。諦める。他の男に幸せにしてもらえ。

それでも嫁は一緒に頑張ろう。自然に任せればいいじゃないと必死で励ましてくれた。

そしてまもなく治療もせず普段通りに暮らしていれば、まさかの妊娠が発覚しあれから10ヶ月

とにかく色々ありすぎた10ヶ月

喧嘩も耐えなかったし色んな将来のプレッシャーにも押しつぶされそうな日もあった

仕事も嫌なこともあったし、嫁も情緒不安定な日々が続き辛い日が続いていた。

それでもこの子を見た時、その日々を過ごしてきて振り返って


そして涙が溢れた。


予定よりは10日早かったが2930g


うちのには頑張ったねとお疲れ様と今までの感謝と
そしてこれからもよろしくの言葉を 

出会ってまだ3日目の小さな我が子には

産まれてきてくれて本当にありがとう、
一生懸命生きててくれて本当にありがとうの感謝を





これからは夫としてそして父親として二人を大事にして支え、守っていきたいと思う
1396659438863-1.jpg



2014 4月6日
君たちの旦那さん、そして父ちゃんより






テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/04/06(日) 22:33:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

週末は長野県へMP7A1を

ちょ



さて金曜日は長野へいってまいりました
仕事終えてブッ飛んでいったけど道すいててよかった


うちのが実家で療養中なので様子見に行ったんだけど結局つれまわしてしまった

そして、対テロ用に武器を持ちなさいと指示


民家にもテロが潜んでいる可能性があるとうちのに言い聞かせ

ガンショップへ足を運ぶ

先週も長野に週末はいたんだけどもそのショップに行ってオレ一人で相当悩んでた


そして
いらない!いらない!なんに使うの!?と騒ぐ中(そんな騒がなくてもいいじゃんね)



テロリストがもし街を占拠したらどうするんだ?良いから持つのだと押し切り

プレゼントしてあげたのがコレ

20140330_125216.jpg

オレってつくづく女心がわかる優しい男だなと思ったよ

東京マルイのMP7A1のガスブローバック(電動の方はいまいちリアルさにかける)の方にサイレンサーをアクセサリーで付けてみた
それっぽく見えるので◎
マガジンもスペアマガジンを一本予備に購入
米軍特殊部隊の中でも最新装備をなるこの銃

とりあえずスリングも車のトランクの中のSCARから取り外し装着
クローゼットからなにやら服などをかけたり取り出そうとしているところに背負わせてみたり


うむ、うちのはミニラだから大きさ的には申し分なさそうである

家に帰ってからもずっと何に使うの?いい加減にしてなどとうるさかったが
そんなことはどうでもいい

対テロ用装備として持っておけと押し切った

ガスを充填し、撃つ
なるほど良い反動が身体を駆け巡る
うちのにも撃たせようとしたが、いいよいいよの一点張り
とりあえず一発でいいから撃ってみろと言い聞かせベランダに向けて発射

発射された弾はベランダの手すりを駆け巡り跳ね返って部屋の中まで跳ね返ってきた

いわゆる兆弾だ



ちなみに今もうオレこんなだよ
201400401.jpg

手遅れなんですよ全て
わかるかな?

遅いの

もう引けないんだよ

わかる?



こう見えて間もなく一児の父親である




この装備を息子に委ねる



記事読んで興味持ったヤツちょっと来い



テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/04/01(火) 00:06:58|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

先週金曜日のサバゲ 夜戦~今週

ちょり

さて先週告知した通り
20130124021200ee1.jpg

これね

やってやったよ


マップ的には外周、迂回は足場は砂利、そしてコンクリバリケード
まさに市街地くさい場所

なもんでもうDEVGRU気分でルンルンだったわ
20140312-2.jpg



ただし相当重量ある装備なんで走ったり隠れたりする行動が

まるで

ドラゴンボールのごくうとクリリンが亀の甲羅背負って修行しているかのような状態になるんだよね




んで先週、今週はバカみたいにパチンコ勝ち続けてるのでホワイトデーのお返しと
自分へのご褒美っちゅーことで買っちゃった~

20140312-1.jpg


これでサバゲ動画ガンガンうpできるんだ



NVGマウントもあるからFPS視点で撮影できるので最初は無編集でうpしていこうと思う
デビューは23日のデイゲームかなー?

まぁわからんけども





そういや今週から原因不明の胃痛が起こり
毎日仮死状態のまま仕事してんだけども



なんか来週火曜日再検査するらしくドキドキだぜ!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/03/12(水) 23:47:11|
  2. ミリタリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

ものすごく趣味とたまに日常

フローラル上田

Author:フローラル上田
木のぬくもり
【ニコニコミュニティ】フローラルなんとか

favorite

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (85)
DJ関連 (17)
ジーンズ (6)
ミリタリー (5)
AVA (12)
C9動画付き記事 (4)
神曲シリーズ (7)
CABAL (54)
その他のゲーム (4)
C9 (41)
草物語 (4)
スカイプのウィルス (1)
未分類 (4)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

只今の戦闘力

ランキング

C9・攻略ブログ

FC2ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新中のリンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。